20周年記念コンサートを終えて

2013.09.02 Monday  01:41
8月31日、石森管楽器地下1階ホールにて開催致しました20周年記念コンサートに
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

今の自分が出来ることを、色んな角度からフル回転させて
何とか無事最後まで演奏することが出来ました。
皆様の暖かいご声援のおかげです。

独学で音楽を学び、音大や渡米などの大した経歴も無い自分が、会社員生活を辞め
意を決していきなり音楽の世界に飛び込んだこと。
それは私にとっては、別の職業を選ぶとか、それで何とか食って行ける様にするとか
そんな次元の決意ではありませんでした。
一度きりの人生、自分にどのくらいの才能や力量があるのかを、大好きな音楽で
本気で試してみたい。
自分がどのくらい素晴らしいのか、またどのくらい駄目なのか。本当の自分が知りたい。
それがすべてでした。

こうしてこの20年は、常に自分の限界を試す挑戦を繰り返して過ごすこととなって
しまいました。
その結果私がやってきたことは、結局は常に失敗の連続でした。
本当は「職業演奏家なら、このくらいのことは出来ないと恥ずかしい」という具合に
プロとしての完璧な演奏の完成度を目指すのが、正しいプロの生き方なのかもしれません。

しかし、今回の演奏会を終えて、一つだけ、確実にわかったことがあります。
「自分は、こんな演奏会がやりたかった」
そんな風に、とても素直に心から思うことが出来ました。

「どんなに上手くなっても、失敗することは出来る」
それを信条として日々の演奏を繰り返して来たわけですが、いつも通り
いやそれ以上に失敗の多い演奏なってしまいました。
本当に申し訳ありません。
しかしその分、今の自分に何が足りないのか、これからの自分が
何をどうしていったらいいのか、様々な、とても大切なことを学ぶことが出来ました。

この20年。
こんな自分勝手な生き方をし、しかもその集大成としての演奏会までも開催させて頂き
興味を持ってその演奏を聴いて頂ける人々との出会いまで与えて頂き
本当に感謝の気持ちで一杯です。

これからも、今回の様に「こんな演奏会がしたかった」と思えるような演奏が
たくさん出来る様に、頑張って行きたいと思います。

快くホールを提供して頂いた上に、コンサートのチラシまで作って頂き
最後に立派な花束まで頂いた石森管楽器のスタッフの方々。
綺麗な花束や祝電、素敵なメッセージを頂いた、ファンの方々。
その他大勢の関係者の方々に、心から感謝いたします。
ありがとうございました。

そして田窪君、無謀な計画に付き合ってくれて、ありがとう。
これからも一緒に恥をかきましょう。

川嶋哲郎


== 演奏曲目 ==

1 Lamentation
2 In A Mellow Tone
3 My Little Suede Shoes
4 ちゅら玉
5 Salve regina
6 Skyscraper
   (休憩)
 Candorakouns 
 BWV 1013(1)
 BWV 1030(1 2 3)
 Thaw
 D Quick
 ふるさと

1

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
  • ライブスケジュール
    川嶋哲郎
  • ライブスケジュール
    井野真寿美
  • 2016/6/8「Soul Suite」発売になります
    sasa
  • 「 LAMENTATION 〜 Live at Tokyo Tuc 」
    sasa
  • 「 Live! 」
    SaSa
  • 20周年記念コンサート
    Mie
  • 川嶋哲郎の「基礎練習倶楽部」
    Mie
  • 20周年記念コンサート
    sasa
  • 20周年記念コンサート
    yumi
Soul Suite
Soul Suite (JUGEMレビュー »)
川嶋哲郎カルテット
祈り
祈り (JUGEMレビュー »)
川嶋哲郎,安田幸司,長谷川ガク,田窪寛之
哀歌/AIKA
哀歌/AIKA (JUGEMレビュー »)
川嶋哲郎,田中信正,安田幸司,長谷川学
みんなのブログポータル JUGEM
qrcode